実践的でわかりやすい就業規則、人事制度、退職金制度のコンサルティングを得意とする東京都の社会保険労務士(社労士)事務所です。
 
 
 
加納社会保険労務士事務所
電話番号
 
 社会保険労務士事務所トップ > A社のケース > A社の問題解決方針 
 
 
 
  メールセミナー  
  小冊子進呈  
  事務所たより:最新情報
 
 
セミナー講師ご依頼ください
 
 
専門家ネットワーク
 
 
個人情報保護方針
 
     
A社の問題解決方針
     
  問題のすべてを事前に防止するのは不可能!?
 
労使トラブルに限らず、問題の全てを“事前に防止”するような方法は“ない”と考えるべきでしょう。どんなに気を付けていても、思わぬ形で問題は発生します。
そのため、まず大事になるのは、“問題の防止”よりも、
   ⇒問題が“トラブル”に発展しないようにする為の“対処法の確立”
なのです。
   
  たとえば、A社のケースでも…
 
たとえば、A社のケースでも、
   ⇒遅刻や残業に関して、“方針までも明確にした具体的な規程”が
    あれば
問題が起きた時“部長の対処”が違う
でしょう。
もしも、規定に明記していない部分で問題が起きても、管理者は即座に、
   ⇒方針に照らして今後役員会で検討する。今は仕事に集中してくれ
と言いやすくなります。
   
  “方針”や規程の不足がトラブルを増大させる!
 
今、人事労務管理分野において、こうした
   ⇒“経営の余裕”を創り出す“方針や社内規程”が不足
するために、
   ⇒“小さな問題”が“大きなトラブル”に発展し、
     大切な“組織の集中力”がそがれる
ことが、非常に多く見受けられます。
   
  では、経営者の皆様はどうすればよいのか…?
 
では、“方針までも明確にした具体的な規程”は、どのように作れば良いのでしょうか?確かに『人事制度や就業規則を完備すれば良い』とも言えますが、組織や経営の価値観を反映していない“制度や文書”には、なかなか現実的な力がないのも事実です。

そこで、当事務所では、
  “組織や経営の現実に適合”する“人事労務管理”実現サポート
に特に注力しています。
詳しくは、以下のボタンより【労務コンサルティング】ページをご参照ください。
 
労務コンサルティングご案内
   
  その他の企業事例へ
     
 
   社会保険労務士事務所トップ事務所案内企業事例A社企業事例B社企業事例その他労務コンサルティングご支援サービス
   退職金制度中小企業賃金相場事務所だよりセミナー講師専門家ネットご契約方式と料金お問合せ
 
  ■就業規則・賃金制度・賞与制度・退職金制度・評価制度・労働基準監督署の是正勧告・管理者研修・その他人事制度
   労務管理についてのご相談を承っています。
  ■主要営業地域:千代田区・中央区・港区・新宿区・渋谷区・品川区・世田谷区・台東区・墨田区・江東区・足立区
              葛飾区・江戸川区・練馬区・板橋区・他東京23区内
  Copyright(C) 加納社会保険労務士事務所 All Rights Reserved.