実践的でわかりやすい就業規則、人事制度、退職金制度のコンサルティングを得意とする東京都の社会保険労務士(社労士)事務所です。
 
 
 
加納社会保険労務士事務所
電話番号
 
 
 
 
  メールセミナー  
  小冊子進呈  
  事務所たより:最新情報
 
 
セミナー講師ご依頼ください
 
 
専門家ネットワーク
 
 
個人情報保護方針
 
 
その他の事例

 
 
 
  トラブル事例1:問題社員の解雇時に逆切れされてしまった!
   

  遅刻や無断欠勤が多く、再三の指導にも従わない社員に、“解雇”を言い渡した企業がありました。社会常識からすれば、当然の話ですが、その社員は、“解雇規定”がないことや、未払い残業代や未消化有給休暇があることを理由に、多額の“お金”を要求してきたのです。
  残業手当についても、明確な規定を決めていなかった同社では、“請求額”がどこまで膨らむか、経営陣には大きな不安がのしかかりました。“規則”を定める重要性は、決して軽視できないのです。
 
⇒ 就業規則作成サービス
 
  トラブル事例2:残業手当等に関する規則の不備をついた未払い請求に大慌て!
   
 
  【事例1】にもある残業手当は、“未払い”認定を受けた場合、過去2年間にさかのぼって請求されることがあります。
  仮に、以下ような会社が残業代を全く払っていなかったとしたら、2年分遡及払いでどれぐらいの残業代支払を命じられるか計算してみましょう。
 
 《ある企業の前提条件》

   ・社員数60人
   ・社員の平均賃金月額30万円
   ・1ヶ月の所定労働時間170時間
   ・1ヶ月平均残業時間30時間

 ●社員1人当たりの2年間の未払い残業代
   (30万円÷170時間)×1.25×30時間×2年=約160万円

 ●社員60人分の2年間の未払い残業代合計
    160万円×60人=約9,600万円

  この9,600万円という金額は、2年分の遡及払い分のみです。当然、将来に渡って割増賃金(上記の例で言えば毎月400万円)を支払わなければなりません。
  有効な“規則”が有効に運用されているかどうかで、これほど大きな差が出るのです。
 
⇒ 賃金制度構築サービス
   
  トラブル事例3:“うつ病社員”を円満退職させたいが…
   

  うつ病のような“心の病気”は、医学的に解明されていない部分が多々残るようです。そのため、時として、『職場復帰可能』の診断書を持って、社員が職場復帰を希望するようなケースも出てきます。
  確かに職場で“働けない”とは言えませんが、危険な仕事やコミュニケーションが不可欠な職場では、ちょっと無理があるケースもないとは言えません。そんな時どうするか、それは“その時になって考える”のではなく、事前に規則やルールを定めることで準備しなければならないマネジメント・テーマなのです。
 
⇒ 労務コンサルティング・サービス
 
  トラブル事例4:実態に見合わない退職金制度が起こす“払えない”トラブル
   
 
  退職金制度は、時々、“遠い昔に決めたまま放置”しているケースがあります。特に、バブルの前後の制度をそのままにしているようなケースでは、退職金が非常に大きな“額”に達するケースもあります。
  そうでなくとも、一般に『実際に退職者が出るまで、退職金のことは真剣に考えていなかった』というケースが多く、問題が必要以上に大きくなることもあります。特に退職金制度は、現在の情勢に合わせて見直しを掛けておかなければ、いざという時、思わぬトラブルを招いてしまいがちなのです。
 
⇒ 退職金制度構築サービス
   
  トラブル事例5:高齢者の賃金体系を見直したい!
   
 
  『たとえ賃金が下がっても、会社に勤めていたい』という高齢者の皆様は、決して少なくありません。会社としても、肉体的な重荷を軽減しながら、高齢者の見識を仕事に生かしてもらうのは、大変有効でしょう。
  しかし、賃金の引き下げは、むやみにできるものではないのです。もし“規程がない”“合法的な数の社員の同意がない”などと問題にされると、賃金引下げ自体ができなくなるケースもあり得ます。とにかく人事問題は“合法的に制度化”しておくこと、これが何より重要な基本になるのです。 
 
⇒ 賃金制度見直しサービス
     
     
 
   社会保険労務士事務所トップ事務所案内企業事例A社企業事例B社企業事例その他労務コンサルティングご支援サービス
   退職金制度中小企業賃金相場事務所だよりセミナー講師専門家ネットご契約方式と料金お問合せ
 
  ■就業規則・賃金制度・賞与制度・退職金制度・評価制度・労働基準監督署の是正勧告・管理者研修・その他人事制度
   労務管理についてのご相談を承っています。
  ■主要営業地域:千代田区・中央区・港区・新宿区・渋谷区・品川区・世田谷区・台東区・墨田区・江東区・足立区
              葛飾区・江戸川区・練馬区・板橋区・他東京23区内
  Copyright(C) 加納社会保険労務士事務所 All Rights Reserved.