実践的でわかりやすい就業規則、人事制度、退職金制度のコンサルティングを得意とする東京都の社会保険労務士(社労士)事務所です。
 
 
 
加納社会保険労務士事務所
電話番号
 
 
 
 
  小冊子進呈  
 
事務所たより:最新情報
 
 
セミナー講師ご依頼ください
 
 
専門家ネットワーク
 
 
個人情報保護方針
 
 
事務所だより

 File:0008 ◆変形労働時間制“運用の不備”で残業代支払命令〜最近の判例から


  2010年4月にパスタ店「五右衛門」を運営する日本レストランシステム(東京都渋谷区)の元アルバイトが「変形労働制の悪用」を訴え東京地裁は同社に残業代や付加金の支払いを命じました。この判決は、変形労働制がサービス業などに広がる中で、安易な制度運用に警鐘を鳴らした形となったので、改めて制度の把握と運用上の注意点をまとめます。
 

変形労働時間制とは

    変形労働制は、時期や季節などによって忙しさに差がある場合などに適用できます。たとえば、1カ月や1年など一定の期間について、週あたりの平均労働時間が法定労働時間以内(週40時間)であれば、特定の日や週が規制を越えた労働時間となっても残業代を払わなくてもよい制度です。
  本制度の適正な運用には、労使協定、又は就業規則に、 
    ・変形労働期間の起算日
    ・各日・各週の労働時間
    ・労働者の範囲
を定め、周知させる必要があります。
   

今回の判決から学ぶ注意点

   今回の判例で、変形労働制が適正に運用されておらず、むしろ制度の悪用とみなされ、会社に残業代や不可金の支払い命令が出た理由は以下のとおりです。

1.制度の周知の違反

  元アルバイトは、変形労働時間制を会社が適用している事を知らされておらず、就業規則も周知されていませんでした。

2.運用上の違反
  この会社は、1カ月単位の変形労働制を適用していたのですが、「就業規則では1か月単位でシフトを決めるはずが、実際は、半月ごとのシフトしか決めていなかった」「変形労働期間の起算日が明らかでない」等の制度運用上の違反を指摘されました。  

  このように変形労働制を適用させるには、
    ]使協定の締結、及び届け出(1か月単位の変形労働制は、労使
     協定又は就業規則その他これに準ずるものに必要事項を定める)

    ⊆知
    正しい制度運用
3点が求められます。今回の判決を機に、制度を適用している会社は、改めて正しく運用されているかどうかの確認をされることをおすすめします。


 人事スクエア・トピック一覧へ 



 
   社会保険労務士事務所トップ事務所案内企業事例A社企業事例B社企業事例その他労務コンサルティングご支援サービス
   退職金制度中小企業賃金相場事務所だよりセミナー講師専門家ネットご契約方式と料金お問合せ
 
  ■就業規則・賃金制度・賞与制度・退職金制度・評価制度・労働基準監督署の是正勧告・管理者研修・その他人事制度
   労務管理についてのご相談を承っています。
  ■主要営業地域:千代田区・中央区・港区・新宿区・渋谷区・品川区・世田谷区・台東区・墨田区・江東区・足立区
              葛飾区・江戸川区・練馬区・板橋区・他東京23区内
  Copyright(C) 加納社会保険労務士事務所 All Rights Reserved.